移住者インタビュー NO.14 【志度地区】さぬき市で暮らす

 

こんにちは!さぬき市移住コーディネーターの松木優紀です。

 

2017年12月、さぬき市志度地区に京都府から三浦秀樹さん(40代)ファミリーが移住されました。

 

三浦さんは、大阪府出身ですが、京都府宮津市に知人がいたことから、住み始めたそうです。

その後、日本海側だったこともあり、思いのほか積雪が多かったことや寒さが厳しく、親子共に温暖な地域を探していました。

 

そんな中、移住先をインターネットで調べたり、香川県大阪事務所に足を運び、子どもの教育環境や子育て支援の制度なども視野に入れて候補地を探したそうです。

 

そこで、さぬき市に移住された経緯をお聞きしました。

 

Q.さぬき市への移住を決めたきっかけは?

 

移住候補地として、香川県内数ヵ所を検討したところ、公共交通機関の駅や子どもの学校が近距離にある空き家バンクに掲載されていたさぬき市の物件に出合ったことがきっかけです。

 

気候も温暖で、海も近く、買い物もとても便利なところが決め手になりました。

 

▲JR志度駅

 

▲琴電志度駅

 

Q.現在の生活はいかがですか?

 

 以前、住んでいた家が築120年の古民家だったことから、現在の住宅は、新しく部屋数が多いので、家族みんなで満足しています。子どもたちは新年に入って幼稚園・小学校へ転園・転校になりましたが、すぐに新しい環境に慣れ、親子で喜んでいます。

 

 

Q.移住して苦労したことは?

 

積雪になる前の移住をと思っていましたが、本当に急に引っ越しが決まったので、とてもバタバタしました。

 

Q.さぬき市に移住を考えている方へのメッセージをお願いします。

 

さぬき市は、ほどよい田舎で、気候が暖かく、災害も少ない地域です。瀬戸内海が穏やかでとても美しいです。移住の候補地としておすすめです。

↑ページの上部へ戻る