本文へ移動

保育所入所案内

認定こども園・保育所について認定こども園とは保育所とは入所の要件入所手続入所申込みに必要な書類等入所の承諾保育料について延長保育料金について入所できる期間保育内容保育施設の退所関係書類一覧保育所に関するよくあるお問合せQ&A

 

 

認定こども園・保育所について

 「子ども・子育て支援制度」では、小学校就学前の子どもの教育・保育を保障するため、「支給認定制度」が導入されています。施設等の利用を希望する保護者の方に、利用のために支給認定を受けていただく必要があります。
 支給認定申請は、さぬき市に住民登録しており、幼稚園や保育所(園)・認定こども園等の利用を希望する子どもが対象です。

(1)支給認定区分の種類等
 教育・保育を利用する子どもについて、3つの認定区分があり、教育・保育の必要性に応じて認定されています。

認定区分

年齢

保育の必要性

利用可能施設

1号認定

教育標準時間

満3歳以上

なし

認定こども園

幼稚園

2号認定

保育標準時間

満3歳以上

あり

認定こども園

保育所(園)

保育短時間

3号認定

保育標準時間

満3歳未満

あり

認定こども園

保育所(園)

保育短時間

 

(2)保育の必要量(保育の必要な時間)  
 2号認定または3号認定を受けた人は、保護者の就労状況(フルタイムやパートタイム就労)に応じて、保育の必要量が決定し、「保育標準時間」と「保育短時間」に区分さ れます。「保育標準時間」と「保育短時間」では利用時間が異なります。

認定区分

対象者

1号認定

教育標準時間

公立
(8:30~14:30)

保護者の就労に関係なく利用可能。

2号認定
(満3歳以上)

3号認定
(満3歳未満)

保育標準時間

(7:30~18:30)

保護者ともにフルタイム就労を想定。就労時間が月あたり120時間以上の方。

保育短時間

(8:30~16:30)

保護者どちらかがパートタイム就労、育児休暇中、求職中である場合を想定。就労時間が月あたり64時間~120時間未満の方。

「保育標準時間」の対象になる方でも、「保育短時間」の利用を希望することは可能です。

 

 

認定こども園とは

教育・保育を一体的に行う施設で、幼稚園と保育所の両方の良さをあわせもっています。1号認定子どもから3号認定子どもまで在籍可能なため、保護者の就労に関わらず利用でき、保護者の就労状況が変化した場合でも通いなれた園を継続して利用できます。2・3号認定子どもには保育所入所と同じ入所要件があります。
 支給認定申請はさぬき市に行い、入所申込みは施設に行います。

 

 

保育所とは

保護者の労働や病気などの理由によって、子どもの保育が必要と認められる場合に、保護者にかわって小学校就学前の子ども(0~5歳児)を保育する施設です。

 

 

入所の要件

 さぬき市の保育施設へ入所できるのは、市内に住民登録をしている児童で、その児童の保護者及び同居の家族、その他のすべての方(65歳以上の方を除く)が、次のいずれかに該当することにより、その児童の保育が必要と認められる場合です。

○就労(フルタイム、パートタイム、夜間、居宅内労働など)・・・月あたり64時間以上
○妊娠・出産
○保護者の疾病・障がい
○同居または長期入院をしている親族の介護・看護
○災害復旧
○求職活動(起業準備を含む)
○就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)
○虐待やDVのおそれがあること
○育児休業取得時に,既に保育を利用している児童がいて継続利用が必要であること
○その他市長が上記の事由に類すると認める状態にある場合

※注意
●上の子だけを保育施設に預かってもらい、下の子は家庭で保育するということはできません。
●障がい児保育については、入所の要件に該当し、かつ、集団保育が可能で日々通所できる児童が対象となります。
●育児休業取得中で新規で申し込まれる場合は、入所する月の翌月以内に復帰することが条件となります。
●次の場合は、入所を取り消すことがありますので、ご了承ください。
 ・提出書類に虚偽の記載があった場合
 ・期限までに必要書類の提出がない場合
 ・施設の管理、運営上支障がある場合
 ・ 「入所の要件」に該当しなくなった場合

 

 

入所手続

(1)入所の受付
①第1次受付

区 分

受 付 期 間

受 付 場 所

4月以降新規入所希望の方

10月2日(月)

 9:30 ~ 11:30

認定こども園だいご

14:00 ~ 16:00

寒川保育所

10月3日(火)

 9:30 ~ 11:30

志度保育所

14:00 ~ 16:00

富田保育所

10月4日(水)

 9:30 ~ 11:30

たらちね保育園

14:00 ~ 16:00

長尾保育所

10月5日(木)

 9:30 ~ 11:30

岡野松保育園

14:00 ~ 16:00

(仮称)葭池こども園

10月6日(金)

 9:00 ~ 17:00

幼保連携推進室

10月10日(火)

 9:30 ~ 11:00

津田中央保育所

11:30 ~ 12:30

津田東部保育所

14:00 ~ 16:00

ひまわり保育園

②第2次受付

区分 受付期間 受付場所
4月以降
新規に入所
希望の方
第1次受付最終日以降、入所希望月の前月1日まで
※1日が土・日曜日、祝日の場合は、その前日の平日まで
(午前8時30分~午後5時)
土・日曜日、祝日を除く
幼保連携推進室

※注意
●第1次受付終了時点で定員に達した保育施設については第2次受付は行いません。また、第2次受付期間中に定員に達した保育施設についてはその時点で受付を終了しますので、ご注意ください。
●年度途中からの入所申込み・出生前の申込みもできます。
●クラス年齢は、4月1日の満年齢で決まります。年の途中で誕生日をすぎても、クラス年齢は変わりません。

 

 

入所申込みに必要な書類等

 必要書類は、幼保連携推進室、各保育施設、生活環境課および各支所に備えてあります。また口座振替依頼書以外の用紙はさぬき市ホームページからもダウンロードできます。
(1)支給認定申請書・利用申込書兼現況届・・・・・・申込児童1人につき1枚
(2)保育料口座振替依頼書・・・・・・2人以上申込の場合は1世帯1枚で可
 ※私立認定こども園は不要
 必要事項を記入(保育施設名は第1希望を記入)し、先に金融機関で確認を受けてから提出してください。出生前に入所申込する場合、この書類は児童の名前が決まってからで結構です。(3枚複写になっていますので、2枚目(右上に「さぬき市保管」と記載してあるもの)を提出してください。)
(3)申込書に添付する書類・・・・・・・申込児童1人につき1枚
 2人以上申込の場合はどちらか一方はコピーでもかまいませんが、必ず事前にコピーして書類を整えておいてください。

①市町村民税証明書(写し)・・・・・以下に該当する場合のみ提出が必要

転入時期 提出書類 提出対象者
平成29年1月2日
    から
平成30年1月1日
    まで
・さぬき市以外で、平成29年1月1日に住民登録があった市町村の「平成29年度市町村民税課税証明書」の写し 子どもの保護者
・家計の主宰者
平成30年1月2日
    以降

・30年4月~8月の入所(園)を希望する場合に必要
 さぬき市以外で、平成29年1月1日に住民登録があった市町村の「平成29年度市町村民税課税証明書」の写し

・30年9月~31年3月の途中入所(園)を希望する場合に必要
 さぬき市以外で、平成30年1月1日に住民登録があった市町村の「平成30年度市町村民税課税証明書」(30年6月以降に取得可能)の写し

子どもの保護者
・家計の主宰者

②保育を必要とする事由を証する書類
 保育を必要とする事由を証する書類は、父・母・同住所の祖父母等、入所児童と生計を同じくする方の全員について該当するものを添付して下さい。(65歳以上不要)

保育を必要とする    事由 事情 証明書類 添付書類
就労(居宅外労働)
※会社勤務、パート、内定
子どもの保護者が居宅外で仕事をすることが日常なので、その子どもの保育ができない場合

勤務(内定)証明書※1

全て勤務先で記入してもらう。勤務先の証明が必要。
就労(自営業) 子どもの保護者が居宅内・外で仕事(自営業)をすることが日常なので、その子どもの保育ができない場合

農漁業・自営等従事申立書※2

就労者本人が記入し、民生委員の証明
が必要
就労(内職等) 子どもの保護者が居宅内で内職等の仕事をすることが日常なので、その子どもの保育ができない場合 内職証明書 依頼者の証明が必要
妊娠・出産 子どもの保護者が出産の前後のため、その子どもの保育ができない場合

病気
介護(看護)
出産
就学
申立書

母子健康手帳(表紙と出産予定日のわかる面)の写し

疾病・障がい 子どもの保護者が病気、負傷、心身に障がいがあるので、その子どもの保育ができない場合 診断書又は障害者手帳の写し
介護・看護 同居の親族の介護・看護にあたっているため、その子どもの保育ができない場合 診断書、障害者手帳又は介護保険被保険者証の写し
就学 子どもの保護者が就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)のため、その子どもの保育ができない場合 在学証明書

求職活動※3

子どもの保護者が求職活動(起業準備を含む)を行っているため、その子どもの保育ができない場合 求職活動申立書

ハローワークの
求職カードの写し

虐待・DV 児童虐待を行っている又は再び行われるおそれがあると認められる場合や配偶者からの暴力により、その子どもの保育ができない場合 事実を証明できる書類
育児休業取得時に、
既に保育を
利用している
当該育児休業に係る子ども以外の子どもが保育所を利用しており、継続利用を希望している場合

育児休業証明書

災害復旧 震災・風水害等の災害復旧に一か月以上かかり、その間子どもの保育ができない場合

り災証明書

※1 内定の場合は、勤務開始後速やかに勤務証明書を提出してください。
※2 二親等以内の親族が経営する事業所(法人格を有していないもの)に就労されている場合は「自営業等」として取扱いますので、勤務先ではなく民生委員の証明が必要です。
※3 求職中でも入所受付しますが、入所優先順位は低くなります。

③保育施設に入所する児童と同居している方が次に該当する場合は、次に掲げる書類を添付してください。

状況 提出書類
障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等)を取得の場合 当該手帳の写し
ひとり親家庭等の場合

ひとり親家庭等医療証の写し
又は児童扶養手当証書の写し

生活保護の適用を受けている場合 生活保護受給者証の写し

※ 必要に応じて、上記に掲げる書類以外の提出を求めることがありますのでご了承ください。

(4)保育施設入所申込書記載内容の変更
 申込み以降、次に該当する場合は、速やかに市幼保連携推進室へ書類等を届け出てください。

変更内容 必要書類等
入所要件の変更 変更後の保育を必要とする事由を証する書類((3)-②参照)
勤務先の変更 勤務証明書
婚姻

配偶者の保育を必要とする事由を証する書類、保育料算定書類
※保育料が変わる場合は利用者負担額変更申請書(市指定用紙)も併せて提出してください。
※保護者を変更する場合は事業所入所事項変更届(市指定用紙)も併せて提出してください。

離婚

児童扶養手当証書の写し(該当者のみ)またはひとり親家庭等医療費受給資格者証の写し
※保育料が変わる場合は利用者負担額変更申請書(市指定用紙)も併せて提出してください。
※保護者を変更する場合は事業所入所事項変更届(市指定用紙)も併せて提出してください。

税額の変更

変更後の所得課税証明書等の写し
※保育料が変わる場合は利用者負担額変更申請書(市指定用紙)も併せて提出してください。

住所・氏名の変更 事業所入所事項変更届(市指定用紙)
出産 出産申立書、母子健康手帳の表紙および出産予定日の記入があるページの写し

 

 

入所の承諾

 保育を必要とする状況を総合的に判断し、児童の保育の必要性が高い順に入所承諾します。保育の必要性が低い場合や保育施設の定員を満たしている場合などには、入所できない場合がありますので、あらかじめご了承ください(第2希望以下の保育施設に入所決定する場合もあります。)。
 4月・5月の入所可否については、2月中に、6月以降については入所月の前月中旬頃に保護者へ通知します。(入所に必要な書類に不備がある場合は、入所承諾の保留または入所月の延期等の措置をとる場合がありますのでご注意ください。
 保護者等が就労予定者の場合の入所期間については、2ヶ月間の承諾とします。入所から2ヶ月以内に勤務証明書等の提出が無い場合は、退所となります

 

 

保育料について

 保育料は、児童福祉法により保護者等扶養義務者に負担していただくもので、入所と同時に納付義務が生じます。保育料は、世帯にかかる市民税所得割額によって決まりますので一律ではありません。
 さぬき市保育所の入所等に関する規則第7条第1項第3号の規定により、正当な理由なく指定の期限内に納入しないときは、保育を解除します。

(1)保育料の決定について
 保育料は、「利用者負担額基準額表【PDF形式/149KB】」を基に、4月~8月は29年度の市民税所得割額、9月~3月は30年度の市民税所得割額で決定します。市民税所得割額とは、地方税法に適用がある住宅取得控除、寄付金控除、配当控除等の控除を差し引く前の額です。

hoikuryou

①児童と父母のみの世帯(ひとり親世帯含む)
 父母の市民税所得割額の合算額(ひとり親世帯については、母又は父の市民税所得割額の金額)で保育料を決定します。

②児童と父母以外に同居している家族がいる世帯(ひとり親世帯含む)
 原則として、父母の市民税所得割額の合算額(ひとり親世帯については、母又は父の市民税所得割額の金額)で保育料を決定しますが、父母の給与、事業収入などの課税対象収入金額の合計額(ひとり親世帯については母又は父の収入)が、103万円以下の場合は、生計を同じくする(同じ住所で世帯分離している場合を含む)祖父母または曽祖父母の中で最多収入の者を家計の主宰者として認定し、その方の市民税所得割額で保育料を決定します。
※ 同居とは、住民基本台帳等の形式的な要件ではなく、生活の実態を重視し、児童と同一家屋に居住する父母及び祖父母等扶養義務者は、原則として同一世帯となります。
※ 父又は母が単身赴任等で世帯を別にしていても同世帯とみなします。

③保育料の適正な決定のために次のことについてご協力をお願いします。

ア)保育料算定書類は期限までに提出してください。期限までに提出がない場合は、最高額の保育料になることがあります。
イ)以下に該当する方は、申告期間内に確定申告をお願いします。
 ○給与所得者でも譲渡所得や事業所得がある方
 ○事業所で年末調整をされていない方
 ○年度途中で退職又は再就職された方で年末調整をされていない方
 ○保険外交員等で支払調書の方
ウ)平成29年分の所得が非課税相当と見込まれる方(ひとり親家庭等の方含む)についても期限内の申告が必要です。源泉徴収票を事業所で発行されなかった方又は確定申告の必要がなかった方は、さぬき市役所税務課で市県民税申告をしてください。

(2)保育料の納入について
①保育料は、入所した月から保育施設に在籍している期間、毎月納めていただきます。保育料は、その年度の初日の年齢で算定します。月の途中で退所しても、また、保育施設を休んだ場合でも、その月の保育料は全額納めていただきますので、ご了承ください。
②保育料は原則として口座振替で納めていただきます。振替日は毎月末日(土・日、祝日の場合は翌営業日)ですので、引落不能とならないようあらかじめ残高のご確認をお願いします。なお、引落不能となった場合は、別途指定の期日までに現金による納付をしていただきます。
 私立認定こども園の場合は、園が指定する方法・期日で園に納付します。
③期日までに支払われず、正当な事由なく滞納を繰り返したときは、在園児・卒園児を問わず、勤務先への給与、銀行口座等の財産調査、差押等の強制徴収の手続きが開始されますのでご注意ください。

 

延長保育料金について

※公立保育所のみ適用です。私立保育園等については各施設にお問い合わせください。

区分 延長保育の実施時間 料金
 保育標準時間での利用  18時30分~19時00分  1回 100円
 保育短時間での利用  7時30分~8時30分  1回 100円
 16時30分~18時30分  1回 200円
 18時30分~19時00分  1回 100円

 

 

入所できる期間

入所できる期間は、平成31年3月末日までの保育が必要であると見込まれる期間とします。(入所日は入所希望月の1日付となります。)
なお、次の理由で入所される方は期間が異なりますので、ご注意ください。
● 出産による場合は、産前・産後各2か月(最長4か月)のみとなります。
● 父母の勤務により入所後、母が出産のため、退職した場合(元の職場に復職しない場合)、産前産後の要件に切り替わるため、産後の期間満了月の末日に退所となります。
● 父母の勤務により入所後、母が出産し、母または父が育児休業を取得する場合、その出生した子が1歳になるまでに職場復帰する場合に限って、継続入所が可能です。この場合は「育児休業証明書」(勤務先の証明が必要)を提出してください。

 

 

保育内容

(1)保育時間
 保育時間は、季節や保育施設によって異なる場合はありますが、おおむね次のような一日の生活を送ります。
hoikujikan
(2)延長保育
 勤務時間等により、やむを得ず上記の時間以上の保育が必要な方は、延長保育を実施している保育所(園)があります。ご希望の方は直接保育施設へお申出ください。各保育施設の延長保育時間については、「保育施設紹介【PDF形式/89KB】」をご参照ください。延長保育料は、保育施設により異なりますので、各保育施設へお問い合わせください。
(3)ならし保育
 はじめから平常の保育時間で保育を行うと、児童にとって心身ともに大きな負担となりますので、児童の情緒が安定し、集団生活が楽しく送れるようになるまでは、入所後2~3週間程度段階をおって保育時間を増やしていく方法をとりますので、ご協力をお願いします。
(4)送り迎え
 保護者または、それに代わるべき人の送り迎えが必要です。
(5)保育施設の休所日
日曜日、国民の祝日、年末年始(12/29~1/3)は休所です。

 

 

保育施設の退所

年度の途中に住居移転または保育を必要とする事由がなくなった等の理由で退所する場合は、退所する月の15日頃までに「事業所退所届」を保育施設へ提出してください。「事業所退所届」は、各保育施設にあります。

 

 

関係書類一覧(様式)

関係書類一覧(様式) 支給認定申請書・利用申込書兼現況届【PDF形式/166KB】
支給認定申請書・利用申込書兼現況届(記入例)【PDF形式/673KB】
勤務(内定)証明書【PDF形式/220KB】
農漁業・自営等従事申立書【PDF形式/205KB】
内職証明書【PDF形式/205KB】
病気・介護(看護)・出産・就学申立書【PDF形式/127KB】
求職活動申立書【PDF形式/105KB】
育児休業証明書【PDF形式/65KB】
事業所入所事項変更届【PDF形式/96KB】
利用者負担額変更申請書【PDF形式/96KB】

 

 

保育所に関するよくあるお問合せQ&A

Q1. これから仕事を探します。保育施設等は、仕事が決まっていないと申し込めませんか?
 これから仕事を探す方でも入所の申込みができますが、就労中、又は就労予定の方が優先となります。

Q2. パートで働こうと思っています。保育施設等は申し込めますか?
 パートで働かれる場合でも、保育施設等に申し込むことができます。その場合、1か月実働64時間以上働くことが必要です。

Q3. 保育施設等をいろいろ見て決めたいのですが、見学はできますか?
 事前に、ご希望の保育施設等に電話で見学したい旨を伝え、日程の調整をしていただき、お気軽に見学してください。

Q4. 市立保育施設と私立保育施設とは、どのような違いがありますか?
 設置運営管理者が、市立保育施設はさぬき市で、私立保育施設は社会福祉法人などとなります。利用者負担額や入所の決定方法は、市立も私立も同じです。保育内容については基本的には変わりませんが、保育施設等の方針などによって異なります。

Q5. 保育施設等に入所してからの「ならし保育」はどのくらいかかりますか?
 お子さんにより異なりますが、通常2~3週間程度です。初めから平常の時間で保育しますと、お子さんによっては心身ともに大きな負担となりますので、お子さんの情緒が安定し、集団生活が楽しく送れるようになるため、ご協力をお願いしています。ならし保育は入所日(月の1日)から行いますので、ご了承ください。ならし保育期間中も保育料はかかります。

Q6. 毎月の保育料以外に費用は必要ですか?
 保育料には、雑費等(絵本代など)は含まれておりません。これらの費用は直接保育施設にお支払いいただきます。

 

Adobe Readerダウンロードへお手数ですが、パソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードサイトからAdobe Readerをダウンロードして、セットアップしてからご覧ください。
幼保連携推進室

電話:0879-52-2522
ファックス:0879-52-4727
メールアドレス:yohorenkei@city.sanuki.lg.jp


子育てトップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先
ページ上部へ戻る