本文へ移動

給水装置について

給水装置とは

道路に入っている水道管(配水管)から分岐されてご家庭まで引き込まれた給水管、止水栓、給水栓(蛇口)、メーターなどの器具を総称して「給水装置」といいます。

給水装置の維持管理について

配水管から分岐された給水装置は、水道課が設置したメーターを除き、お客様の財産となります。したがって、この部分の新設、改造、修理の費用は、お客様がご負担いただくようになります。
ただし、配水管から宅地内のメーターまでの漏水につきましては、水道課へお知らせください。

水道工事は指定給水装置工事事業者へ

給水装置の新設、増設、改造及び修繕工事を行うことができるのは、水道課の指定を受けた指定給水装置工事事業者です。もしも、工事を指定給水工事事業者以外が施工すると、その工事は無資格または無届け工事となり、市の給水条例により給水が停止されたり過料が科される場合もありますので、ご注意ください。
さぬき市の指定給水装置工事事業者についてご不明な場合は、水道課へお問い合わせください。

メーターの管理は適切に

使用水量を計量するメーターは、水道課のメーターを設置しています。管理の義務を怠って傷をつけたり、壊したり、無くしたりすると賠償していただくことになりますので、適切に管理しましょう。

受水槽の管理について

中・高層アパート、ビルなどで、水道管によって送られてきた水を、いったん受水槽に貯め、ポンプで屋上の水槽に水をくみ上げて、各階の家庭や事務所に水を供給している場合があります。
このような場合、受水槽以降の設備及び水質管理は、建物の所有者または管理者が行うことになっています。また、受水槽の有効容積が10m3以下のものは、水道法の規制を受けないため、管理が不適切な場合も見受けられます。安全でおいしい水をお届けしても、受水槽が汚れていると安心して水道水を飲んでいただくことができません。十分な衛生管理をお願いします。

・水槽の清掃・・・1年以内に定期的に行いましょう。
・施設の点検・・・水槽のふたの施錠、亀裂の有無、防虫網の設置などの点検を定期的に行いましょう。

水道課で行う宅地内漏水の修繕範囲

宅地内漏水の修繕範囲

原則として、配水管からメーターまでの給水装置で漏水した場合は、水道課の負担で修理をします。(ただし、メーターが建物内に設置されている場合を除きます。)
メーターから宅地内の給水栓(蛇口)までの漏水につきましては、お客様の負担となりますので、指定水道工事事業者へ修理を依頼してください。
また、配水管からメーターまでの給水装置についても、漏水以外の工事(新設、増設、改造など)については、お客様の負担になります。

水道課

電話:0879-43-2047
FAX:0879-43-4764
E-Mail suido@city.sanuki.lg.jp


住まい・生活環境トップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先
ページ上部へ戻る