○さぬき市国民宿舎施設条例

平成14年4月1日

条例第173号

(設置)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第1項の規定に基づき、さぬき市の観光施設の充実と国民の休養に必要な施設を提供するため、さぬき市国民宿舎施設(以下「国民宿舎」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 国民宿舎の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 さぬき市国民宿舎松琴閣

(2) 位置 さぬき市津田町津田松原地内

(指定管理者による管理)

第3条 市長は、次に掲げる国民宿舎の管理に関する業務を、法第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(1) 施設の維持管理に関する業務

(2) 施設の利用調整に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める業務

(指定管理者の指定の手続等)

第4条 指定管理者の指定に関する手続は、さぬき市公の施設における指定管理者の指定の手続等に関する条例(平成16年さぬき市条例第20号)に定めるところによる。

2 市長は、指定管理者を指定したときは、その旨を公示するものとする。指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じたときも、同様とする。

(指定管理者の指定期間)

第5条 指定管理者が国民宿舎の管理を行う期間は、指定の日から起算して5年間とする。ただし、指定期間の満了後の再指定を妨げない。

(利用の条件)

第6条 指定管理者は、国民宿舎の利用に際し、あらかじめ市長の承認を受けて管理運営上必要な条件を付し、又は制限を設けることができる。

(利用料金)

第7条 市長は、指定管理者に国民宿舎の利用に係る料金(以下「利用料金」という。)を当該指定管理者の収入として収受させるものとする。

2 利用料金は、指定管理者があらかじめ市長の承認を受けて定めるものとする。この場合において、指定管理者が定める利用料金の額は、別表に定める額に消費税等相当額(消費税法(昭和63年法律第108号)に基づき消費税が課される金額に同法に規定する消費税の税率を乗じて得た額及び地方税法(昭和25年法律第226号)に基づき地方消費税が課される金額に同法に規定する地方消費税の税率を乗じた得た額の合計額をいう。)を加えた額(その額に10円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)を超えてはならない。

3 市長は、前項の承認をしたときは、その旨及び当該利用料金の額を公示するものとする。

(利用料金の減免)

第8条 指定管理者は、特に必要と認めたときは、あらかじめ市長の承認を受けて、前条の利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の不還付)

第9条 既に支払った利用料金は、還付しない。ただし、指定管理者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 国民宿舎の管理上特に必要があるため、指定管理者が利用の許可を取り消したとき。

(2) 利用者の責めに帰することができない理由により、国民宿舎を利用することができないとき。

(使用の制限)

第10条 指定管理者は、国民宿舎利用者が公の秩序又は風俗を乱すおそれがあると認めるときは、使用の制限又は停止を命ずることができる。

(原状回復)

第11条 利用者は、国民宿舎の使用を終えたとき、若しくは使用を停止されたとき、又は使用の承認を取り消されたときは、直ちにその使用場所を原状に回復して返還しなければならない。

2 利用者が前項に規定する義務を履行しないときは、指定管理者はこれを代行し、その費用を利用者から徴収する。

(損害賠償)

第12条 利用者は、建物、施設及び備品等を損傷し、汚損し、又は滅失したときは、その損害額を賠償しなければならない。ただし、指定管理者がやむを得ない理由があると認めたときは、市長の承認を得て賠償額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、国民宿舎の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成14年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の津田町国民宿舎施設の設置及び管理に関する条例(平成8年津田町条例第13号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成15年条例第53号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後のさぬき市国民宿舎施設条例の規定は、平成15年6月18日から適用する。

附 則(平成17年条例第56号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、改正前のさぬき市国民宿舎施設条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例による改正後のさぬき市国民宿舎施設条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年条例第26号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第7条関係)

国民宿舎利用料金上限額

1 宿泊利用料金

区分

利用区分

利用料金

洋室・和室

 

 

大人

1人1泊2食付

10,000

小学生

1人1泊2食付

9,000

幼児

1人1泊につき

3,000

広間

大人

1人1泊2食付

7,000

小学生

1人1泊2食付

6,000

幼児

1人1泊につき

4,000

摘要

(1) 幼児の利用料金は3歳以上の者に適用し、食事料は実費とし、また、3歳未満の者は無料とし、食事料は実費とする。

(2) 所定の宿泊利用時間を超過して利用する場合は休憩利用料金相当額を加算する。

(3) 利用料金は標準的な宿泊利用料金であり、特別料理等の飲食が伴えばこの限りでない。

2 休憩・会議利用料金

区分

利用区分

利用料金

休憩

客室

 

 

大人

1人4時間まで

1,200

小学生

1人4時間まで

1,000

幼児

1人4時間まで

700

会議

大会議室

3時間まで

18,000

延長1時間超えるごとに

6,000

中会議室

3時間まで

9,000

延長1時間超えるごとに

3,000

広間

3時間まで

8,000

延長1時間超えるごとに

2,500

摘要

(1) 休憩利用が4時間を超えるものについては、1時間を超えるごとに200円を加算する。

(2) 会議利用は午前9時から午後9時までとする。

(3) 会議利用が(2)の時間内を前後する場合は、延長時間の50パーセントを加算する。

3 シーズン料金

シーズン料金は、次のとおり加算することができる。

区分

加算額

(1) 夏期 7月20日~8月31日

大人 1人 1,000

小学生 1人 800

(2) 年末年始 12月28日~翌年1月5日

(3) 休日前 祝祭日を含む休日の前日

4 人数別料金

前項のシーズン料金適用期間中においては、次のとおり人数別料金を加算することができる。

区分

加算額

和室

8畳未満の部屋の1人利用

大人 1人 2,000

小学生 1人 1,600

8畳以上の部屋の2人以下の利用

洋室

定員未満の人数での利用

5 特別飲食料金

会食その他特別料理及び飲食等については、その実費を勘案して、別に飲食料金を定めることができる。

6 入浴料金

宿泊利用客以外の者に係る入浴料金は、1人1回につき、大人500円、小学生300円、幼児200円とする。

7 その他の料金

宿泊利用予約に係る予約金、配膳手数料、キャンセル料金、特別な利用方法に係る利用料金等については、適宜これを徴収することができる。

さぬき市国民宿舎施設条例

平成14年4月1日 条例第173号

(平成26年4月1日施行)