本文へ

「部落差別の解消の推進に関する法律」が施行されました

 平成28年12月16日、「部落差別の解消の推進に関する法律」が公布、施行され2年が経過しました。
 部落差別とは、同和地区などと呼ばれる地域の出身であることや、そこに住んでいるということだけで、日常のさまざまな場面で差別を受けたりするような人権問題です。
 インターネット上の差別など新たな状況をふまえて、この法律は、現在もなお部落差別が存在するとの認識を示したうえ、全ての国民の基本的人権の享有を保障する憲法の理念にのっとり、部落差別のない社会を実現することを目的として施行されました。
 さぬき市ではこの法律の趣旨をふまえ、国や県との連携を図り、部落差別の解決のため引き続き取り組んでまいります。
 皆さまの一層のご理解とご協力をお願いいたします。 

部落差別解消の推進に関する法律【PDF形式/61KB】

 

人権推進課

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る