本文へ

新酒ワインの仕込み開始

ワインの仕込み画像1_2019

 さぬきワイナリーで令和になって初めてのさぬきワインの仕込みが始まりました。
 この日は、市内や多度津町、高松市から入荷した約3,600㎏のブドウ(デラウェア)を使用し、新酒の白ワイン作りに取り掛かりました。

ワインの仕込み画像2_2019

 まず、ブドウをすべて除梗破砕機(上写真)に入れ、果梗と果実を分別し、破砕します。

ワインの仕込み画像3_2019

 分別されたブドウの果梗です。

ワインの仕込み画像4_2019

 破砕された果実は管を通り、搾汁機(上写真)で果汁を集め、大きなタンクの中で1~2週間ほど発酵させます。

竹中剛工場長は、「今年のブドウは、台風の影響なども少なく順調に育った。味わい深く良いワインが期待できるため、地元の人はもちろん、たくさんの方に飲んでもらいたい」と話していました。

 新酒の白ワインは10月17日から600本限定でさぬきワイナリーや道の駅津田の松原などで販売予定です。

 さぬきワイナリーでは、白ワインの他にも、香川県産のブドウを使用した赤ワインやワインジュースなども取り揃えています。
 大串半島にお越しの際は、ぜひ、さぬきワイナリーに立ち寄ってみてはいかがですか?

ワインの仕込み画像5_2019

秘書広報課

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る