本文へ

8月は同和問題啓発強調月間です

人権研修画像1_2019

 

 同和問題(部落差別)の解決を自分自身のこととしてとらえ、私たち一人ひとりが人権意識を高めるため、香川県では毎年8月を「同和問題啓発強調月間」と定めています。

 8月22日、さぬき市志度音楽ホールで、第18回さぬき市人権・同和教育研究大会が行われました。市内の学校教育関係者や行政職員、市民等328名が参加しました。

 

人権研修画像2_2019

 

 会場ロビーでは、志度高校商業科で「地域商業研究授業」を選択している7名の生徒が香川県の人権啓発キャラクター「人権かがやきくん」の焼印が入った「人権啓発まんじゅう」など啓発グッズを販売していました。

 

人権研修画像3_2019

 

 全体会の基調講演では、『私は、変わることができる!~「やればできる」の土台は「自分もできる」!熱と光で生きる力を~』のタイトルで、鳥取県琴浦町立赤碕文化センター館長西村敦朗さんが講演しました。

 

人権研修画像4_2019

 

 西村さんは、「同和教育のエッセンスは自分が変わること。そして、差別解消の切り札は、自尊感情を高め、エンパワメントを引き出すこと」と力強く話していました。

秘書広報課

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る