本文へ

やさしい日本語セミナー(避難者に自然と伝わる掲示物の作り方)参加者募集

避難所運営に大切なこと!

災害発生時には、避難者に正しい情報を、わかりやすく伝えることが大切です。
このセミナーでは被災者支援の現場で注目される「やさしい日本語」の基礎を学びます。

 

やさしい日本語セミナー(避難者に自然と伝わる掲示物の作り方)
(と き) 11月26日(火曜日) 19:00~21:00
(ところ) さぬき市役所
(内 容) 避難所運営に役立つ「情報が伝わるポスター」づくり
(講 師) 香川大学教育学部 山下直子教授
(定 員) 30名(先着順)
(参加費) 無料
(申込方法) 11月25日(月曜日)までに参加者の氏名・電話番号を連絡してください。

 

■「やさしい日本語」とは・・・
 “簡単な単語を使う”、“漢字にフリガナをふる”など、日本語を母国語としない人にもわかりやすい日本語のことです。
阪神・淡路大震災のときに、必要な情報が外国人に十分届かなかったことをきっかけに提唱され、現在では、子どもから高齢者、障害のある人まで誰にでも理解してもらいやすい表現として注目されています。

「やさしい日本語」セミナー(避難者に自然と伝わる掲示物の作り方) チラシ【PDF形式/243KB】

Adobe Readerダウンロードへお手数ですが、パソコンにAdobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックしてダウンロードサイトからAdobe Readerをダウンロードして、セットアップしてからご覧ください。
危機管理課

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る