本文へ

さぬき市地域おこし協力隊を募集中!



 さぬき市では、1人でも多くの方々に、「住んでみたい、住み続けたい」と思われるような、活気あふれるまちづくりをさらに進めていくため、「地域おこし協力隊員」を募集します。
 
https://www.city.sanuki.kagawa.jp/103966(さぬき市HP)
 


 
<活動地域>  さぬき市津田町

さぬき市津田町は香川県さぬき市の東部に位置し、面積は13.7k㎡地形は勾玉状で北西南の3方は山に囲まれ東は瀬戸内海に面している里海里山の風景が残るまちです。高速道路等により関西圏からのアクセスにも優れているほか、津田の松原や津田の松原海水浴場などの非常に珍しい地域資源を有します。主に活動していただくのは、津田町の中でも瀬戸内海に面したふるさと海岸・津田の松原エリアになります。
 
<受入団体>  一般社団法人さぬき市津田地区まちづくり協議会
さぬき市津田町を中心にまちづくり活動をしている団体です。(設立:令和4年1月11日)ふるさと海岸・津田の松原エリアの活性化に向けて、空き家調査や長期計画の作成等を各分野の専門家の力を借りながら行っています。
 


 
<活動内容>  空き家を活用した店舗経営及び地域コミュニティの形成補助
地域おこし協力隊員には、一般社団法人さぬき市津田地区まちづくり協議会(以下、「協議会」とする。)とともにふるさと海岸・津田の松原エリアの新たな魅力創造に向けた活動をしていただきます。具体的な活動は次のとおりです。

〇空き家を活用した店舗経営
ふるさと海岸沿いには漁業倉庫を中心とした空き家が多数存在しているため、協議会が借上げた空き家を活用して、地域の魅力発信拠点となるようなピザをメインにした飲食店の店舗経営をしていただきます。
なお、飲食店開業までの研修及び必要資格の取得については協議会にて実施・サポートします。

〇地域コミュニティの形成
実際に地域に入って活動していただき、ふるさと海岸・津田の松原エリアを中心として活動する事業者や地域住民のコミュニティ形成について取り組むとともに協議会と連携した地域活性化に向けた取り組みも行っていただきます。
 
【活動のスケジュール(予定)】
1年度目:空き家を改修した店舗作り及び各種研修への参加
2年度目:店舗のオープン及び持続可能な運営体制づくり
3年度目:任期終了後に向けた準備、地域のネットワーク化の実施
※上記活動のほか、サブ活動(例:隊員個人の特技・技能などを生かした追加活動、隊員自身の将来的なさぬき市への定住に向けた活動など)の実施も認めます。
 


 
<募集対象>  次の要件をすべて満たす方とします。
(1) 地域おこし協力隊制度の適用地域に居住されていて、令和4年7月からさぬき市に移住できる方
※ 過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法、小笠原諸島振興開発特別措置法、奄美群島振興開発特別措置法又は沖縄振興特別措置法に規定する対象地域又は指定地域を有する市町村(政令指定都市を除く。)に生活の拠点を置かない人に限ります。
(2) 地域おこし協力隊の活動を理解し、住民と協力しながら意欲的に地域づくり活動ができる方
(3) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格条項に該当せず、地域になじむ意志を持って誠実に職務を遂行できる方
(4) 普通自動車運転免許を有し、実際に運転することができる方(推奨)
(5) 活動終了後、さぬき市への定住を目指し継続的な地域貢献に意欲がある方
 


 
<募集人員>  1名
 
<勤務地>  香川県さぬき市津田町
 
<委嘱形態>  さぬき市が地域おこし協力隊員として委嘱します。
・活動に当たっては、隊員の活動内容に応じた仕様書等を作成した上で業務委託契約を締結します。
・さぬき市との雇用関係はありません。
・活動時間に規定はありませんが、仕様書等に設定した目標や成果の進捗状況などを確認するため、活動実績報告書を毎月提出していただきます。
・地域おこし協力隊の活動に支障ない範囲で兼業を行うことができます。なお、兼業を行う際には届出等を提出していただきます。
 
<委嘱期間>  委嘱の日から令和5年3月31日までとします。
・令和4年度の活動状況や成果を勘案し、最長で令和6年度末までの間、委嘱期間を更新することができます。
・さぬき市と締結した委託契約の履行が困難となった場合は、委嘱期間中であっても委嘱を取り消すことがあります。
 
<委 託 料>  年額 2,376,000円
・上記金額は委託限度額であり、委嘱期間が1年に満たない場合は、委託限度額を12で除した額に委嘱期間の月数を乗じた額とします。
※ 例えば、委嘱期間が9か月の場合は、年額1,782,000円となります。
・業務日報及び活動報告書を毎月作成・提出いただき、その内容を審査した上で委託料をお支払います。
・個人事業主となるため確定申告が必要になります。
 
<待遇・福利厚生>

・健康保険及び年金保険料等は自己負担となりますので、国民健康保険、国民年金に加入してください。
・居住場所については、津田町内の物件を協議会が紹介します。その物件に住む場合は家賃を協議会が負担します。その他の物件に住まれる場合は、家賃について市の補助要綱に則った補助をします。(光熱水費等の生活に必要な費用は、隊員の負担です。)
・活動に必要な経費(消耗品費、研修会参加費等)については、協議会が予算の範囲以内で支援します。
 


 
<審査方法>  選考審査は随時実施します。
(1) 第1次選考(書類選考)
・書類選考の上、結果を文書で通知します。
(2) 第2次選考(オンライン面談)
・第1次選考合格者を対象に、第2次選考をオンライン上で行います。
実施日や実施方法、選考結果については個別に通知します。
(3) 体験プログラム
・第2次選考合格者を対象に、活動地域について理解を深め、隊員としての活動をイメージしていただくために体験プログラムを実施します。
実施日等は文書にて通知します。なお、原則第3次選考に併せて実施する予定ですが、新型コロナウイルス感染症の状況等を踏まえて別日になる可能性があります。
・新型コロナウイルス感染症対策を実施した上でさぬき市において実施します。
(4) 第3次選考(面接)
・第2次選考合格者を対象に、第3次選考を実施します。
実施日や実施方法、選考結果については個別に通知します。
・新型コロナウイルス感染症対策を実施した上でさぬき市において実施します。
 
<応募受付>
令和4年4月1日(金) から 令和4年5月20日(金) まで(必着)
 
<応募方法>  次の書類を応募先まで郵送してください。
(1) 応募用紙
(2) 住民票抄本(3か月以内に取得したもの)
・簡易書留など確実な方法で郵送してください。なお、応募書類等は返却しません。
 
<応募・問合せ先>
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
さぬき市 総務部 政策課 地域おこし協力隊 係
電話 087-894-1112
E-mail seisaku@city.sanuki.lg.jp
 

ページ上部へページの上部へ戻る