本文へ

平成30年度一般会計当初予算

 平成30年度一般会計当初予算の総額は、歳入歳出それぞれ241億6,000万円で、前年度よりも36億4,000万円(13.1%)の大幅な減額となりました。
 平成30年度は合併に伴う国の優遇制度措置が終了するなど、自立したさぬき市としてスタートする年度であり、緊急排水用ポンプの整備による台風災害の軽減、平成31年度の子育て世代包括支援センター立上げに向けた準備、そして旧学校施設の跡地利用や温泉・観光施設の利活用など、山積する課題に取り組んでいきます。
 さらに、国の地方創生推進交付金を活用しながら「平賀源内」をキーワードにした「源内の改革プロジェクト」推進事業を引き続き展開し、地域資源を活用した新たな特産品づくりに産学官連携で取り組み、さぬき市のファンづくり、知名度の向上を目指してまいります。

<歳入予算>

 歳入のうち、市税は固定資産税の減などにより、全体で1億8,753万円(3.5%)の減収を見込んでいます。また、地方交付税については、普通交付税の合併算定替による特例措置が終了しますが、平成29年度の大型事業で例年以上の市債借入を行ったことから交付税措置の増額が見込まれるため、それらを勘案して前年度同額の計上としています。市債は事業費の減少に伴い39億6,930万円(65.4%)減少する見込みです。

H30歳入予算の画像

 <歳出予算>

 歳出のうち、人件費は期末勤勉手当の支給月数の引上げや職員構成の変動により1億9,867万円(5.7%)増となっています。扶助費は認定こども園施設型給付費の増加などにより1億8,221万円(5.0%)の増、公債費は定時償還元金が増加し1億3,225万円(4.1%)の増となり、義務的経費全体では5億1,314万円(5.0%)増の108億6,728万円となっています。
 また、投資的経費については、分庁舎整備、統合小学校建設、認定こども園整備等の大型事業が減額となり、全体で35億261万円(57.9%)の減となりました。

H30歳出予算(性質別)の画像
H30歳出予算(目的別)の画像

政策課
電話:087-894-6371
ファックス:087-894-4440
メールアドレス:yosan@city.sanuki.lg.jp

平成30年度予算の概要トップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る