移住者インタビュー NO.8 【小田地区】さぬき市で暮らす

 
odakomatsu

こんにちは!さぬき市集落支援員の松木優紀です。

 

2016年10月、小松弘明さん・智香さん(ともに30代)ご夫婦が、高松市から小田・奥の谷自治会に移住されました。

 

弘明さんは東京都、智香さんは新潟県のご出身で、仕事の関係で香川に来県し、高松市在住後、さぬき市へ移り住みました。

 

そこでさぬき市に移住された経緯をお聞きしました。

 

▲小松さんのご自宅から見える風景

▲小松さんのご自宅から見える風景

 

Q.さぬき市への移住を決めたきっかけは?

 

香川へは旅行で訪れたこともなく、私たちにとっては新天地だったのですが、高松市に住んでいるときに偶然訪れた小田地区の美しい景色に一目惚れし、移住を決めました。

 

P1050087

 

Q.現在の生活はいかがですか?

 

海あり山ありの少し高台に家を新築し、1階部分を土間にしています。香川へ来て漆芸が盛んであることを知り、関心を持ったことから、子育てが落ち着いたら漆芸に取り組みたいと思っています。
自治会の方が手料理をもてなしてくださったり、ゴミの出し方を教えてくれたりととても親切にしていただいています。

 

Q.移住してみて苦労したことは?

 

引っ越しをするまでは、近所の方のことなど知らないことばかりでこの地になじめるか不安でしたが、周りの方たちは温かく接してくださり、子育てサークルのお母さんたちとも仲良くさせていただいています。

また、集落支援員さんが巡回してくださるので心強く思っています。

 

 Q.さぬき市に移住を考えている方へのメッセージ

 

小田地区は、自然豊かで気候も温暖ですし、夜は星がきれいです。
買い物に行くのに車が欠かせませんが、いまはインターネットもあるので不便は感じていません。

↑ページの上部へ戻る