本文へ移動

風しんについて

風しんにご注意ください

首都圏や近畿地方を中心に風しんが流行しています。
香川県でも、すでに昨年を上回る報告数となっています。

これまで風しんにかかっていない方、予防接種を受けていない方、および妊娠適齢期の方は注意が必要です。妊娠中、特に妊娠20週頃までに風しんにかかると、赤ちゃんの耳が聞こえにくくなる、心臓に奇形が生じる、目が見えにくくなるなどの障がい(先天性風しん症候群)が現れる可能性があります。

20~40歳代の方の15%は風しんに対する十分な免疫を持っていません。風しんの流行を防ぎ、先天性風しん症候群の発生を防ぐために、以下の方は風疹の予防接種を受けましょう。任意の予防接種(有料)については、かかりつけ医にご相談ください。

●幼児期の麻しん風しん予防接種第1期・第2期はもれなく受けることが大切です。
~平成25年度定期接種対象者~
第1期:第1期:生後12月~24月に至るまで
第2期:平成19年4月2日~平成20年4月1日生

●妊婦への感染を抑制するために、特に①~③の方(抗体価が十分であると確認できた者は除く)は、任意接種をご検討ください。
1.妊婦の夫、子ども、その他の同居家族
2.10代後半から40代の女性
※特に妊娠希望者・妊娠する可能性の高い女性
(ただし接種後2ヶ月は妊娠を避けること、妊娠中は接種できません。)
3.出産後まもない女性

※風しん(成人)予防接種実施可能医療機関一覧【PDF形式/38KB】

厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou21/

国保・健康課
電話:0879-52-2518
ファックス:0879-52-4727
メールアドレス:kenkou@city.sanuki.lg.jp

健康・福祉トップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先
ページ上部へ戻る