本文へ移動

さぬき市の一般廃棄物処理の現状

ごみ処理事業経費

(1)歳入

(単位:千円)

項目 24年度 25年度 26年度 27年度



手数料 ごみ収集手数料 79,142 82,726 79,025 79,066
粗大ごみ手数料 3,586 3,470 3,334 3,015
その他 資源ごみ売払代金等 3,698 4,967 558 431
一般財源 446,321 446,403 449,375 602,070
合計 532,747 537,566 532,292 684,582

※ ごみ収集手数料とは、市指定可燃ごみ袋販売をもって徴収した手数料をいいます。
※ 粗大ごみ手数料とは、粗大ごみ収集に伴い徴収した手数料をいいます。
※ 資源ごみ売払代金等とは、資源ごみとして収集したスチール缶、アルミ缶、リターナブルビンの売払代金等をいいます。但し、26年度から東部清掃施設組合が資源ごみの売払業務を行っているため、当組合で売払代金が計上されています。

(2)歳出

(単位:千円)

項目 24年度 25年度 26年度 27年度
ごみ中間処理費 1,062 1,123 0 0
ごみ収集運搬等委託費 187,756 189,259 186,402 177,483
香川県東部清掃施設組合負担金 343,929 347,184 345,890 507,099
合計 532,747 537,566 532,292 684,582

※ ごみ中間処理費とは、缶プレス作業等を行う中間処理施設の燃料費、修繕費等維持管理に係る費用をいいます。但し、26年度から東部清掃施設組合が缶プレス等の作業を行っているため、当組合で中間処理費用が計上されています。
※ ごみ収集運搬等委託費とは、ごみの収集、運搬、処分などの委託に係る費用をいいます。
※ 香川県東部清掃施設組合負担金とは、香川東部溶融クリーンセンターにおけるごみの処分に係る費用をいいます。(起債償還に係るものを除く。)

ごみ処理状況

 

(1)ごみ処分フローシート(平成27年度)

ごみ処分フローシート

※直接溶融とは、ごみを収集後、資源化施設等の中間処理施設を経ずに直接溶融施設で溶融処理することをいいます。

※溶融残渣の埋立とは、溶融施設におけるごみ処理に伴い発生する溶融飛灰を最終処分場で埋立処理することをいいます。
※資源化施設における処理とは、資源ごみ等を資源化を目的とした選別、圧縮及び梱包等を行う施設で資源化処理することをいいます。
※残渣溶融とは、資源化施設におけるごみ処理に伴い発生する残渣(資源化されないもの)を溶融施設で溶融処理することをいいます。
※直接資源化とは、資源ごみを収集後、資源化施設を経ずに直接(保管を含む)再生業者等に搬入することをいいます。

(2)ごみ収集状況

(単位:トン)

項目 24年度 25年度 26年度 27年度
人口 52,720 52,141 51,682 51,062




可燃ごみ 13,601 13,809 13,852 13,513
不燃ごみ 694 646 810 687
資源ごみ 2,085 2,043 1,891 1,673
その他 0 0 0 0
粗大ごみ 78 80 81 85
直接搬入量 0 0 0 0
総排出量 16,458 16,578 16,634 15,958
生活系ごみ 13,227 13,043 12,914 12,418
事業系ごみ 3,231 3,535 3,720 3,540
一人一日排出量(g) 855 871 882 856

※人口は、平成27年10月1日現在です。
※ 生活系ごみとは、一般家庭から出されたごみをいいます。
※ 事業系ごみ(事業系一般廃棄物)とは、事務所、飲食店、工場、病院、学校等の事業活動に伴って出されたごみをいいます。
※ 一人一日排出量(g)は 総排出量(g)÷人口÷365日で算出します。

(3)ごみ処分状況

(単位:トン)

項目 24年度 25年度 26年度 27年度



溶融処理 直接溶融(1) 14,295 14,455 14,662 14,200
残渣溶融 78 80 81 85
14,373 14,535 14,743 14,285
資源化処理 資源化施設における処理 554 511 518 531
直接資源化 1,609 1,572 1,454 1,227
計(2) 2,163 2,123 1,972 1,758
最終処分 直接埋立(3) 0 0 0 0
溶融残渣の埋立 0 0 0 0
0 0 0 0
処理量計(4) = (1) + (2) + (3) 16,458 16,578 16,634 15.958
減量処理率((1)+(2))/(4) 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%

※ 直接溶融とは、ごみを収集後、資源化施設等の中間処理施設を経ずに直接溶融施設で溶融処理することをいいます。
※ 残渣溶融とは、資源化施設におけるごみ処理に伴い発生する残渣(資源化されないもの)を溶融施設で溶融処理することをいいます。
※ 資源化施設における処理とは、資源ごみ等を資源化を目的とした選別、圧縮及び梱包等を行う施設で資源化処理することをいいます。
※ 直接資源化とは、資源ごみを収集後、資源化施設を経ずに直接(保管を含む)再生業者等に搬入することをいいます。
※ 溶融残渣の埋立とは、溶融施設におけるごみ処理に伴い発生する溶融飛灰を最終処分場で埋立処理することをいいます。

(4)ごみ資源化状況

(単位:トン)

項目 24年度 25年度 26年度 27年度
ごみの総排出量 (1) 16,458 16,578 16,634 15,958








溶融施設に
おける資源
化量
メタル 334 250 312 272
スラグ 1,467 1,709 1,565 1,504
溶融飛灰 537 458 539 502
2,338 2,417 2,416 2,278
市の資源ごみ
回収による
資源化量
紙類 1,427 1,393 1,273 1,091
金属類 190 188 181 161
ビン類 331 322 312 304
ペットボトル 66 68 59 53
布類 71 72 66 64
その他 0 0 0 0
2,085 2,043 1,891 1,673
資源化量合計(2) 4,423 4,460 4,307 3,951
資源化率(リサイクル率)(2)/(1) 26.9% 26.9% 25.9% 24.8%

※ 溶融施設における資源化量とは、溶融施設におけるごみ処理に伴い発生する副成物(メタル、スラグ、溶融飛灰)の量をいいます。
※ペットボトルは、独自処理をしています。

ごみ処理施設の整備状況

(1)ごみ溶融施設

名称 概要
香川東部溶融クリーンセンター
ごみ溶融処理施設
【設置主体】
香川県東部清掃施設組合
(構成市町:さぬき市、東かがわ市、三木町)

【処理方法】
全連続型高温溶融処理方法

【処理能力】
195t/24h
(65t/24h×3炉)

【稼働年次】
1・2号炉:平成9年6月
3号炉:平成14年4月

【所在地】
さぬき市長尾東3013番地

 

(2)ごみ資源化施設

名称 概要
香川東部溶融クリーンセンター
粗大ごみ破砕機
【設置主体】
香川県東部清掃施設組合
(構成市町:さぬき市、東かがわ市、三木町)

【処理方法】
粗大ごみの破砕

【処理能力】
10t/5h

【稼働年次】
平成9年6月

【所在地】
さぬき市長尾東3013番地

香川東部溶融クリーンセンター
リサイクルセンター
【設置主体】
香川県東部清掃施設組合
(構成市町:さぬき市、東かがわ市、三木町)

【処理方法】
ペットボトルの圧縮・梱包

【処理能力】
0.8t/5h

【稼働年次】
平成14年4月

【所在地】
さぬき市長尾東3013番地

香川東部溶融クリーンセンター
再資源化センター
【設置主体】
 香川県東部清掃施設組合
(構成市町:さぬき市、東かがわ市、三木町)

【処理方法】
缶類:選別圧縮処理、びん類:選別処理

【処理能力】
 缶類:0.8t/5h、びん類:2.9t/5h

【稼働年次】
平成26年4月

【所在地】
さぬき市長尾東3013番地

津田クリーンセンター
金属プレス機
【設置主体】
さぬき市

【処理方法】
缶類の圧縮・選別

【処理能力】
1t/h

【稼働年次】
平成元年4月

【所在地】
さぬき市津田町津田2024番地4

長尾資源ごみ集積場
金属プレス機
【設置主体】
さぬき市

【処理方法】
缶類の圧縮・選別

【処理能力】
1t/h

【稼働年次】
昭和60年7月

【所在地】
さぬき市長尾東3201番地1

 

生活環境課
電話:087-894-1119
FAX:087-894-3000
E-Mail seikatsu@city.sanuki.lg.jp

住まい・生活環境トップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先
ページ上部へ戻る