本文へ

病院紹介の画像

精神科・心療内科


診療科の概要

さぬき市民病院精神科・心療内科は、平成20年4月から入院病床を閉鎖し、外来のみ継続して診療を行っています。心理療法(カウンセリング)、医療相談なども平行して行い、高齢者から思春期まで幅広く対応しています。

平成21年1月からは、「物忘れ外来」を開設し、認知症の診療にも力を入れています。総合病院精神科として、身体疾患に合併する精神症状などに対しても、一般身体科の医師と協力して治療に当たっています。

なお、外来診療は、原則予約制になります。初診の方も、あらかじめ外来まで問い合わせの上、ご来院ください。

物忘れ外来について

毎週木曜日の午後、「物忘れ外来」を行っています。

などの症状で不安や心配を抱えている方は、少なくないと思われます。
「物忘れ外来」では、それらの症状が生理的なものか病気によるものか、病気によるものであれば原因が何かを診断していきます。
認知症の場合でも、投薬により症状の進行を遅らせることが可能な場合もあります。また、治療可能な認知症もあります。
どうぞ、お気軽に「物忘れ外来」をご利用ください。
なお、「物忘れ外来」も予約制になります。あらかじめ外来まで問い合わせの上、ご来院ください。

このページの先頭へ