本文へ

病院紹介の画像

外科


外科の特徴

確実な根治性とQOL(日常生活の質)を追求した医療を

エビデンス(最新の知見)に基づく合理性ときめの細かさの双方の視点を持ち、手術後のQOLを常に念頭に置いた医療を心掛けています。

画像等を駆使した確実な検査・診断の下に、根治性を維持しながら切除の範囲を最小限にとどめ、その上で、手術を行うことで得られること(病気の根治)と失うもの(手術の侵襲や合併症の危険性、後遺症など)、この二つのバランスを常に考えた治療を推進しています。

また、院内他科との連携はもちろんのこと、香川大学医学部を代表とした他病院とも提携を密にし、常に的確かつ迅速な対応ができるよう体制を整えています。

リハビリ・栄養補充の推進

当院では、ご高齢の患者さんが多く、手術による体力及び筋力の低下により、QOLの低下を来すことが予想されます。手術の後、当たり前に元気に帰れるようリハビリテーション科の協力の下に体力の低下を防ぎ、また、十分な栄養補充も含めて全力でサポートします。

診療内容

外来診療及び入院診察は、すべて同じ医師が担当します。

また、手術後の外来でのフォローアップも原則として同じ医師が行います。このように一貫して同じ主治医が担当しますので、病気の状態を正確に把握することができ、患者さんとのコミュニケーションを密に保つことに役立っています。

当科は、消化器外科を中心にいろいろな外科的疾患に幅広く対応できるような体制をとっています。以下に挙げるような疾患のほかにも悩まれているようなことがあれば、お気軽にご相談ください。

消化器外科

【食道・胃・大腸あるいは肝臓・膵臓・胆嚢などの腫瘍(癌、ポリープ)、胆石症、急性虫垂炎などの炎症性疾患、痔核や痔瘻などのこう門疾患を対象とします。】

四角アイコン消化器癌に対して、手術治療だけでなく手術不能の進行癌や術後再発患者さんの抗癌剤の治療も行っており、積極的な集学的治療を行っています。
四角アイコン適応のある胆石などに対しては、腹腔鏡下手術を積極的に行っています。

乳腺・内分泌外科

【乳腺、甲状腺などの体表の腫瘤を対象とします。】

四角アイコン乳がんに対して、乳房温存術療法をはじめ、病気の進行度・特徴に応じて様々な治療の選択肢を用意しています。

一般外科

【他にもヘルニア、外傷なども含めた広い領域での外科治療を行っています。】

四角アイコン当科では、手術不能の進行癌や術後再発患者さんの抗癌剤の治療も行っています。
また、セカンドオピニオンにも応じていますので、どうぞお気軽にお申し出ください。

年間約200人の患者さんが手術を受けられますが、手術の方法の決定などには、十分なインフォームド・コンセントを行い、ご高齢の患者さんでもご本人の意思を尊重しています。

このページの先頭へ