本文へ

子宮頸がん

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種について(子宮頸がん予防接種)

まずは、知ってください。
小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者へ
大切なお知らせがあります。

子宮頸がん予防ワクチンの接種は、ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないとの勧告がありました。 ワクチン接種を希望される方は、ワクチン接種の有効性と接種による副反応によるリスクを理解したうえで受けてください。
厚生労働省ホームページ(外部リンク)

子宮頚がん予防ワクチンは定期接種の対象となっています。

対象者

12歳となる日の属する年度の初日から16歳となる日の属する年度の3月31日までの女子
(小学6年生から高校1年生相当年齢の女子)

接種を希望される方は、国保・健康課へご連絡ください。予診票を発行します。

ワクチンの有効性および安全性について下記参考情報をよくご確認され、医療機関とご相談のうえ、接種を行ってください。

接種スケジュール

2種類のワクチンから選択します。
どちらのワクチンも3回接種することで予防効果が得られます。
接種途中から別のワクチンに切り替えることに対する有効性・安全性のデータはありませんので、必ず同じワクチンを3回接種してください。

<サーバリックス>
 1回目の接種から1ヵ月以上の間隔をあけて2回目を接種し、1回目の接種から5ヵ月以上、かつ2回目の接種から2.5ヵ月以上の間隔をあけて3回目を接種します。

<ガーダシル>
 1回目の接種から1ヵ月以上の間隔をあけて2回目を接種し、2回目の接種から3ヵ月以上の間隔をあけて3回目を接種します。

接種費用

無料

接種医療機関【PDF形式/101KB】

参考情報

リーフレット(概要版)【PDF形式/3MB】
リーフレット(詳細版)【PDF形式/5MB】
厚生労働省ホームページ(外部リンク)

国保・健康課
電話:0879-26-9908
ファックス:0879-26-9947
メールアドレス:kenkou@city.sanuki.lg.jp

予防接種についてトップページへ

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連サイト

ページ上部へ戻る