本文へ

新型コロナウイルスワクチンの接種について

 さぬき市では、新型コロナウイルスワクチンの接種について、大川地区医師会をはじめとした関係機関の協力のもと、連携して実施体制を整備しています。
 接種の詳細については、決まり次第ホームページを更新し、お知らせする予定です。

 なお、新型コロナウイルスワクチンは、受ける方の意思により接種を行うもので、本人の同意なく、接種が行われることはありません。職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

令和4年秋開始接種について | オミクロン株対応2価ワクチン接種について | 集団接種について | web予約について | 乳幼児(生後6か月~4歳)接種について | 小児(5~11歳)接種について | 1、2回目接種について | 接種間隔について | 広域接種 | 住所地以外での接種 | 新型コロナワクチン接種証明書について | 相談窓口(コールセンター) | 関連情報  | がいこくじんの みなさんへ(For Foreigners)  | 健康被害救済制度

 

【大切なお知らせ】
・令和4年秋開始接種について更新しました。武田社(ノババックス)の接種については香川県ホームページをご確認ください。
・乳幼児(生後6か月~4歳)接種について更新しました。
・ワクチンの接種間隔が3か月経過後に短縮となりました。前回の接種から3か月経過した方は、オミクロン株対応ワクチンが一人1回接種できます。
・新型コロナワクチン接種の特例臨時接種期間が令和5年3月31日まで延長となりました。お手持ちの接種券はそのままお使いいただけます。
・小児(5~11歳)追加(3回目)接種について更新しました。
・1回目・2回目の接種予約はコールセンターで受け付けています。

 

新型コロナワクチンの集団接種の実施について

以下の集団接種について予約の受付を行っています。
詳細はこちらをご確認ください。
さぬき市新型コロナワクチン(オミクロン株対応)集団接種1月~2月(志度会場)【PDF形式/162KB】
下表日程で、市集団接種は終了する予定です。

【集団接種の日程】

日程 時間
2月4日(土曜日) 9:30~11:30

 

市内オミクロン株対応2価ワクチン接種協力医療機関(個別接種)について

市内個別接種について2月の空き状況を掲載しました。

さぬき市新型コロナワクチン【オミクロン株対応2価ワクチン】接種協力医療機関(R5.1.30現在)【PDF形式/438KB】

 

ウェブ予約について

【Webサイト】

 

令和4年秋開始接種について

「令和4年秋開始接種」は、1人1回に限られる追加接種です。
以下の、いずれかのワクチンを使用します。
・ファイザー社のオミクロン株対応2価ワクチン(12歳以上)
・モデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチン(12歳以上)
・武田社(ノババックス)の従来ワクチン(1価)〔令和4年11月8日以降〕(18歳以上)
※令和4年秋開始接種においては、基本的にはファイザー社またはモデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチンがおすすめされています。武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)は従来型のワクチンですが、ファイザー社およびモデルナ社のオミクロン株対応2価ワクチンを何らかの理由で接種できない方のための選択肢と位置付けられています。接種を迷う場合についてはかかりつけ医等にご相談ください。

令和4年秋開始接種についてのお知らせ(厚生労働省ホームページ)
香川県内での武田社(ノババックス)の接種について(香川県ホームページ)

 

オミクロン株対応2価ワクチン接種について

 オミクロン株に対応した新型コロナワクチン接種については、新型コロナワクチンの初回接種を完了した12歳以上のすべての住民を対象に実施することが、予防接種法による特例臨時接種に位置づけられました。
 本市におけるオミクロン株対応ワクチン(従来株とオミクロン株に対応した2価ワクチン)は、個別接種または、集団接種で接種できます。
 新型コロナワクチン接種は希望によるものであり、強制ではありません。接種を希望される方は、ご予約のうえ、接種を受けてください。

<対象者>
初回(1、2回目)接種を完了した12歳以上で、前回の接種から3か月以上経過している方
※オミクロン株対応2価ワクチンの接種は一人1回です。
※12歳~15歳の方は保護者の同意に基づき接種が行われます。予診票に保護者の署名がなければ予防接種は受けられません。また、接種当日は保護者が同伴していただき、接種後はお子様の健康状態に十分ご注意ください。

<実施期間>

令和5年3月31日まで

<接種ワクチン・接種対象年齢>

接種ワクチン 接種対象年齢
ファイザー社オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1またはBA.4-5) 12歳以上
モデルナ社オミクロン株対応2価ワクチン(BA.1またはBA.4-5) 12歳以上

※従来型とオミクロン株(BA.1またはBA.4-5)に対応した2価ワクチンを使用します。
※接種時期により、BA.1かBA.4-5のいずれかのワクチンを使用しますが、いずれもオミクロン株の成分が含まれるため、従来型ワクチンを上回る効果が期待されています。

<接種券の発送>
・未接種の3回目、4回目の接種書類をお持ちの方は、お手元の接種書類をそのまま使用できます。改めての発送は行いませんので、接種期限が令和4年9月30日と記載している場合がありますが、そのまま使用してください。
・2回目・3回目・4回目接種から3か月経過頃に接種券を発送しています。接種券が届いていない方や、前回の接種後にさぬき市へ転入された方は、本市ワクチンコールセンター(電話0879-26-9935)までご連絡をお願いします。

<接種券の再発行について>
・以前お届けした接種券を紛失された方は、再発行の申請をお願いします。
【再発行の申請先】
本市コロナワクチンコールセンターへ来所・電話(0879-26-9935)・Webにて申請してください。
再発行のWeb申請はこちら

<接種方法>

個別接種

さぬき市新型コロナワクチン【オミクロン株対応2価ワクチン】接種協力医療機関(R5.1.30現在)【PDF形式/438KB】

・さぬき市新型コロナワクチン接種協力医療機関において個別接種を実施します。事前に予約が必要です。接種券一体型予診票がお手元にある方は、医療機関に予約の連絡をしてください。

・医療機関により年齢条件等が異なりますので、ご確認ください。
・入院・入所・通院中の方等は、その医療機関や施設にご相談ください。
・東かがわ市内の協力医療機関や、香川県新型コロナウイルスワクチン広域接種の協力医療機関でも接種が可能です。
東かがわ市ホームページ(外部リンク)
香川県ホームページ(外部リンク)

集団接種

さぬき市新型コロナワクチン(オミクロン株対応)集団接種1月~2月(志度会場)【PDF形式/162KB】 

Webでの予約について

【Webサイト】

接種日の3日前まで予約できますが、先に予約の定員数に達した場合は、その時点で受付を終了します。

<オミクロン株対応ワクチン接種に関する資料>
ワクチンの説明 ファイザー社(外部リンク)
ワクチンの説明 モデルナ社(外部リンク)
ワクチンの説明 ファイザー社12~15歳用(外部リンク)
オミクロン株対応ワクチン接種のお知らせ第2報Ver2(外部リンク)
オミクロン株対応ワクチン接種のお知らせ第3報(外部リンク)
令和4年秋開始接種についてのお知らせ(外部リンク)

お問い合せ先

【さぬき市新型コロナワクチンコールセンター】
〒769-2395さぬき市寒川町石田東甲935-1
電話0879-26-9935
受付時間 平日8:30~17:15(土日祝・年末年始(12/29~1/3)除く)

副反応に関することなど専門的な相談
【香川県新型コロナワクチン専門相談コールセンター】
電話0570-009-550
受付時間 9:00~17:00(休日も対応)

 

乳幼児(生後6か月~4歳)接種について

 6か月~4歳の乳幼児を対象とした新型コロナワクチンの接種については、オミクロン株流行下でも有効であるとの最新情報を踏まえ、令和4年10月24日から予防接種法上の特例臨時接種に位置付けられました。乳幼児の新型コロナワクチン接種は強制ではなく、保護者の方の同意がある場合に限り行われます。
 対象の方に対し、接種券等を送付しますので、同封の資料をよくご確認いただき、効果と副反応等のリスクの双方についてご家族でよく話し合い、かかりつけ医等にもご相談のうえ、ワクチン接種のご判断をお願いします。

<対象者>
生後6か月から4歳の市民

<実施期間>
令和5年3月31日まで
<接種回数・接種間隔>
初回接種にて3回の接種を行います。(乳幼児接種は、この点が他の初回接種と異なります。)
1回目の接種から原則3週間の間隔をあけて2回目の接種を行い、2回目の接種から8週間以上の間隔をあけて3回目接種を行います。

<使用するワクチン>
ファイザー社6か月~4歳(乳幼児)用ワクチン

<接種券送付時期>
対象の方に対し、接種券付き予診票、接種済証、案内書類を送付します。

対象者 発送時期
平成29年11月1日~令和4年4月30日生まれの方 令和4年10月31日
令和4年5月生まれ以降の方 6か月を過ぎる翌月初旬頃(予定)

※接種日時点で5歳になる場合は、5歳~11歳用の小児用のワクチンを接種するようになります。5歳を過ぎた場合も、接種券付き予診票や接種済証はそのまま使用できます。
<接種場所>
「さぬき市新型コロナワクチン乳幼児(6か月~4歳)接種協力医療機関」(令和4年11月1日現在情報)【PDF形式/479KB】
香川県内の接種協力医療機関でも接種が可能です。市外にかかりつけ医がある方は、接種を実施しているかどうか直接医療機関にお問合せください。

<他の予防接種との間隔>
新型コロナワクチンと他の予防接種は、13日以上の間隔を開けて接種します。
ただし、インフルエンザワクチンについては、新型コロナワクチンと同時接種が可能ですが、申込の際に医療機関にご確認ください。

<接種当日の持ち物>
・接種券付き予診票(予診票の回数をお確かめください)、予防接種済証
・お子様の本人確認書類(健康保険証、マイナンバーカードなど)
・母子健康手帳
※必ず保護者(親権者または後見人)の同伴をお願いします。
※予診票は、事前に記入をしてください。必ず保護者(親権者または後見人)の署名をお願いします。
<乳幼児コロナワクチン接種に関する資料>
生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ【厚労省ホームページ】
生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(外部リンク)
ワクチン接種の説明書(外部サイト)

 

小児(5~11歳)接種について

 5歳~11歳の小児を対象とした新型コロナワクチンの接種について、お知らせします。
 小児の新型コロナワクチン接種は、オミクロン株流行下においてもワクチンの効果が有効であるとの最新情報を踏まえ努力義務の規定が適用されるとともに、3回目の接種も開始となりましたが、接種はこれまでどおり強制ではありません。
 対象の方には接種券等を送付しますので、同封の資料をよくご確認いただき、効果と副反応等のリスクの双方についてご家族でよく話し合い、接種するかどうかお決めください。

<対象者> 
5歳から11歳の小児
※追加(3回目)接種は、2回目接種から5か月が経過した小児
※お子様のワクチン接種には、保護者(親権者、後見人)の同意(予診票への署名)と同伴が必要です。

<接種券送付時期>

初回(1、2回目)接種 5歳を過ぎた方は、乳幼児接種用の「接種券付き予診票」「接種済証」をそのまま使用してください。
追加(3回目)接種 前回2回目接種から5か月経過した頃に送付します。

※接種日時点で12歳になる場合は、12歳以上用のワクチンを接種しますが、接種券や予診票はそのまま使用できます。

※接種券が届いていない場合や紛失された場合は、市コールセンター(℡0879-26-9935)へご連絡をお願いします。

<接種期間>

接種を受けられる期間は、令和5年3月31日までの予定です。

<接種するワクチン・回数・間隔・費用>

  ワクチンの種類 接種回数 接種間隔 費用
初回(1、2回目)接種 ファイザー社の
小児用ワクチン
2回 3週間 無料
追加(3回目)接種 ファイザー社の
小児用ワクチン
1回 2回目から
5か月以上経過
無料

<接種方法>
個別接種
「さぬき市新型コロナワクチン小児(5~11歳)接種協力医療機関」(令和4年10月31日現在情報)【PDF形式/536KB】

<接種当日の持ち物>
・初回接種者 接種券、予診票
・追加接種者 接種券一体型予診票、接種済証
・初回・追加共通 お子様の本人確認書類、母子健康手帳(可能な限り)
※予診票は事前に記入をしてください。必ず保護者(親権者、後見人)の署名をお願いします。

<年齢(予防接種法による年齢の考え方)と使用するワクチンについて>
12歳になる誕生日前後に接種する場合、次のとおり使用するワクチンが変わります。

初回(1、2回目)接種 12歳になる誕生日の前々日までに1回目を接種する場合 1回目2回目ともに小児用ワクチンを使用
12歳になる誕生日の前日以降に1回目を接種する場合 1回目2回目ともに12歳以上用のワクチンを使用(従来型ファイザー社ワクチン)※
追加(3回目)接種 12歳になる誕生日の前々日までに3回目を接種する場合 小児用ワクチンを使用
12歳になる誕生日の前日以降に3回目を接種する場合 12歳以上用のワクチンを使用(オミクロン株対応ファイザー社ワクチン)

※12歳を過ぎて初回(1、2回目)接種を希望される場合は、市コールセンターにて予約を受け付けています。その場合でも接種券や予診票はそのままお使いいただけます。

関連情報【厚生労働省ホームページ】

5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ(外部サイト)
ワクチン接種の説明書【初回接種用】(外部サイト)
ワクチン接種の説明書【追加接種用】(外部サイト)

 

1回目・2回目接種の予約方法について

 これまで1回目のワクチンを接種されていない方、1回目接種の後、2回目の接種予約ができずお困りの方でワクチン接種を希望される方は、市のコールセンターへお問い合わせください。
 初回接種(1・2回目接種)は、令和5年3月31日まで接種が可能です。

<受付方法>
 市コールセンターで予約受付を行います。接種医療機関、予約可能日はお問合せください。
 市の1・2回目接種は、ファイザー社従来株ワクチンを接種します。
 武田社(ノババックス)ワクチンの接種を希望される場合は、香川県ホームページ(外部リンク)をご確認ください。

<予約受付・お問い合わせ>
さぬき市新型コロナワクチンコールセンター
電話:0879-26-9935
受付時間:8:30~17:15(土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)除く)

<接種券・予診票の発行について>
接種券を紛失された方や、市外から転入された方等で接種券の発行が必要な場合は、コールセンター(0879-26-9935)へご連絡をお願いします。

 

他の予防接種との接種間隔について

新型コロナワクチンと他の予防接種は、13日以上の間隔を開けて接種します。
ただし、インフルエンザワクチンについては、新型コロナワクチンと同時接種が可能です。

 

香川県内での広域接種について

令和4年3月から、香川県内に住民票があり、接種券を持っている人は、住所地外で接種を受けようとする理由にかかわらず、住所地外接種の届出をせずに、県内の医療機関で接種を受けることができるようになりました。

●さぬき市に住民票がある人が、さぬき市外で接種する場合
市町によって広域接種の開始時期が異なる場合や、広域接種を実施しない場合があります。予約をする前に必ず香川県のホームページのリンクから確認してください。
香川県広域接種について(外部リンク)

●さぬき市外に住民票がある人が、さぬき市内で接種する場合
<対象者>
香川県内に住民票があり、県内の市町村で発行された接種券をお持ちの方
<実施場所>
・市内コロナワクチン接種協力医療機関
※予約状況等、医療機関の都合で接種できない場合があります。
※本市予約サイトは利用できません。
※集団接種および、1・2回目接種(12歳以上)はさぬき市民のみが対象です。

 

住所地以外での接種

 新型コロナのワクチン接種は、住民票所在地の市町村で接種するのが原則です。やむを得ない事情があり、住民票住所地で接種できない場合は、接種を希望する医療機関または接種会場のある市町村に届出を提出する必要があります。
 届を受けた市町村が、内容の確認を行い「住所地外接種届出済証」を発行しますので、接種を受ける医療機関等へ「接種券」「住所地外接種届出済証」「本人確認書類」等をご持参して接種を受けてください。

  • 住所地外で接種を受けようとする理由にかかわらず、香川県民は県内の各自治体で接種が可能となりました。香川県内での広域接種について
  • 香川県外に住民票がある方で、さぬき市内にある接種場所で接種を希望する場合は、下記の届出に必要書類を添えて提出してください。後日、「住所地外接種届出済証」を郵送します。
  • さぬき市に住民票がある方で、さぬき市外にある接種会場で接種を希望する場合は、接種会場のある市町村に問い合わせてください。

<届出が不要な方>

・入院、入所者
・基礎疾患を持つ者が、主治医の下で接種する場合
・職域接種を受ける場合
・災害による被害にあった者
・拘留または留置されている者、受刑者
・香川県内に住民票がある人
・これまで本市へ住所地外接種届を提出され、本市が発行した「住所地外接種届済証」をお持ちの人。(内容に変更がない場合のみ) 等

<届出が必要な方>

・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・出産のために里帰りしている妊産婦
・ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為等、児童虐待およびこれらに準ずる行為の被害者 等

【必要書類】
住所地外接種届(新型コロナウイルス感染症)【PDF形式/391KB】
○住民票所在地から発行された接種券の写し
○本人確認書類(郵送の場合は写しを添付)

【届出先】
〒769-2395
さぬき市寒川町石田東甲935番地1寒川庁舎
さぬき市新型コロナワクチン接種係
電話:0879-26-9935(さぬき市コロナワクチンコールセンター)

 

新型コロナワクチン接種証明書について

▼電子版

 新型コロナワクチン接種証明書が令和3年12月20日からデジタル化され、スマートフォン上で専用アプリから接種証明書(電子版)を取得・表示できるようになります。
 これにより、接種証明書の取得が容易になるほか、海外渡航に限らず、国内での利用ができるようになります。

詳しくは、下記リンク先をご覧ください。
新型コロナワクチン接種証明書について(市ホームページ)

▼コンビニ交付

コンビニで接種証明書が取得できるようになりました。

個人番号カード(マイナンバーカード)を利用して、コンビニエンスストアで新型コロナウイルス感染症予防接種証明書が取得できるようになりました。

発行に必要なもの
マイナンバーカード(※暗証番号の入力が必要です。)

コンビニで接種証明書を取得できる時間
午前6時30分から午後11時まで

発行料
証明書1通当たり120円

取得方法および利用できるコンビニエンスストア等店舗
取得方法および対象のコンビニエンスストアは、下記リンク「3.コンビニ交付の場合」の欄でご確認ください。
新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(接種証明書)について(外部リンク)

コンビニ交付QR画像

※コンビニで海外用の接種証明書を取得するためには、令和4年7月21日以降に自治体窓口かアプリで海外用の接種証明書を取得しており、その時と旅券番号が同じである必要があります。

 

相談窓口(コールセンター)

さぬき市新型コロナワクチンコールセンター

内容:ワクチンの接種場所や時期など一般的な問合せや、接種券の再発行に関すること
電話:0879-26-9935
受付時間:平日8:30~17:15(土日祝・年末年始(12/29~1/3)除く)

聴覚障害などで電話でのお問い合わせが難しい方につきましては、お名前、連絡先、お問い合わせ内容を記載し、下記のファックス番号に送信してください。
確認後に返信します。
ファックス番号:0879-26-9936

香川県新型コロナワクチン専門相談コールセンター

内容:接種後の副反応に関することなど専門的な問合せに関すること
電話:0570-009-550(専用ナビダイヤル)
ファックス番号:052-533-3891(聴覚障害などで電話などの相談が難しい方)
受付時間:9:00~17:00(土、日、祝日を含む。)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

内容:ワクチン施策についてなど
電話:0120-761770
受付時間:9:00~21:00(毎日(祝日を含む。))
聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。
一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部リンク)

 

関係情報

厚生労働省

新型コロナワクチンについて(外部リンク)、Q&A(外部リンク)

首相官邸

新型コロナワクチンについて(外部リンク)

香川県

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種について(外部リンク)

 

がいこくじんの みなさんへ(For Foreigners)

厚生労働省(Ministry of Health, Labor and Welfare)

ワクチン予診票(ちゅうしゃを うける まえに かく かみ)たげんごじょうほう(外部リンク)

香川県(Kagawa Prefecture)

ワクチンたげんごじょうほう(外部リンク)

 

予防接種に係る健康被害救済制度について

健康被害救済制度とは

 予防接種は、感染症を予防するために重要なものですが、一時的な発熱や接種部位の腫れ・痛みなど、比較的よく見られる副反応や、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、副反応による健康被害をなくすことができないことから、国の救済制度が設けられています。
 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 また、新型コロナワクチンにおいても、予防接種法第6条第1項に規定する臨時接種に該当することから、定期接種(A類疾病)と同様の扱いとして、救済制度の対象となります。

 健康被害救済給付の請求を検討されている方は、さぬき市寒川庁舎 健康福祉部 国保・健康課にご連絡ください。(※健康被害救済給付の請求は、健康被害を受けたご本人やそのご家族の方が、予防接種を受けたときに住民票を登録していた市町村に行ってください。)

○詳細については、厚生労働省ホームページをご確認ください。
予防接種健康被害救済制度について(外部リンク)

国保・健康課
さぬき市新型コロナワクチンコールセンター

トップページへ戻る
掲載中の記事・写真の無断転載を禁じます。
香川県さぬき市
〒769-2195 香川県さぬき市志度5385番地8
各課への連絡先

関連リンク

ページ上部へ戻る