本文へ

病院紹介の画像

産婦人科


診療科の概要

当院産婦人科では、1年5ケ月の間分娩を休止していましたが、常勤産科医師1人が確保されたのに伴い、令和3年1月より”院内助産システム”という形で分娩を再開いたしました。院内助産システムとは、リスクの低い経過が順調な妊婦を対象として、医師のバックアップのもと助産師が中心となって分娩に携わるというものです。当院では、希望される方には助産院のような畳の上でのフリースタイル分娩も行っております。詳細は「セミオープンシステムと院内助産システム」こちら(PDF形式)をご参照ください。

婦人科診療では、女性のライフステージに寄り添い、さまざまに変化する女性特有のトラブルや病気の診療を行っています。若い女性にも多い月経異常や月経困難症、PMS、子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症に対する薬物療法、子宮頚部異形成の手術治療、子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんの早期診断、更年期障害や閉経後に多い骨盤臓器脱の治療などです。これらの症状でお困りの方々に、身近に相談ができるさぬき市・東かがわ市地域の公立産婦人科診療施設として、適切な医療を提供していきたいと思います。

外来

産婦人科外来は2階の西側にあります。
予約されている患者さんが優先となりますので、予約をされていない場合は長時間お待たせする可能性が あります。また、病状の程度により順番が前後する場合があります。大変申し訳ありませんが、ご協力をよろしくお願いいたします。
他の病院からの転院をご希望の方は、紹介状を必ずお持ちください。紹介状をお持ちでない場合、病状の把握ができず、診療に支障をきたす可能性があります。

入院

4階東病棟で、内科、小児科との混合病棟です。
トイレ付きの個室を用意しています。13歳未満のお子様、大人の方でも風邪症状のある方は、赤ちゃんや妊婦さんへの感染予防のため、立ち入りをご遠慮いただいております。
 

産科 

助産師からのお詫び
5月よりコロナウィルス感染症拡大にともない、当面の間、バースデー、ハーフバースデー、イベントを中止することとなりました。
大変申し訳ありませんが、対象の皆様におかれましては、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

このページの先頭へ